記事一覧

出張de安曇野【富山満喫?ぶりぶりのツルツル】

どよーー〜ーーんって💦目の前の暗雲を拭い去る為に
今日の朝飯はせっかくなので

氷見の寒ブリを戴いちゃいましょう!




IMG_0572.jpg


漁港の食堂はやっぱりテンションが上がる⤴︎上がる⤴︎


IMG_0573.jpg



当然期待があがる⤴︎が




IMG_0574.jpg





IMG_0576.jpg



意外に高いのねぇ寒ブリさん⤵︎

ここの名物人気商品は氷見丼って海鮮丼なんですけど
寒ブリは入ってないんですって........⤵︎

商売上手ですなぁ〜💦



IMG_0577.jpg



ここはクレジットカードOKなんだけど
使えば足が割れる😰

出張中に富山へ来て美味しい物を一人で楽しんでるなんて
バレた日にゃー‼️末恐ろしいですがなぁ👊

ですがせっかくなのでここはここは
寒ブリをたべにゃ後悔するぞよぉ

財布を覗くとかなり心細い.............. (^^;;
だけど白えびのお刺身も食べたい⤴︎

えぃーーーーーい!両方行っちゃいましょうという事で

寒ブリ丼と白えびのお刺身をご注文
なんとかなるさぁーーーー🌀

まず出て来たのは寒ブリ丼についてくる漁師汁😊⤴︎



IMG_0580.jpg



間髪入れずに白えびのお刺身⤴︎⤴︎



IMG_0581.jpg



えへへへへへ



IMG_0582.jpg



こやつが白えびの刺身!かと
鑑賞に浸ってるとやってまいりました主演男優賞

寒ブリでございます。⤴︎⤴︎⤴︎
ブリの風くるま状態ブリブリ




IMG_0587.jpg



ぶり⤴︎ぶり⤴︎ぶり⤴︎ぶり⤴︎




IMG_0588.jpg



思ったよりさっぱりしていて
今まで食べて来たブリは一体?って感じる一品でございました。

すっかりエンゲル係数と血糖値が急上昇⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎でございました。
ご当地グルメを完食しましたら

やはり朝から温泉満喫が幸せ
前々からアンテナを立てここは一度は浸かりたいと思っておりました。
富山の穴場的源泉掛け流し温泉へ

いよいよ念願が叶いましたぁ😊

『湯谷温泉』♨️


IMG_0592.jpg


どこに車を停めていいのかかぁ戸惑いましたが
このバス停の横に専用駐車場がありました。

かなりの急な坂道を降りて行くと



IMG_0593.jpg



かなり立派な建物が建物の奥にダムがあって
ものすごい量の放流される水の音がごぉーーーーーーーって
聞こえて来ます。



IMG_0595.jpg



入口の横に何故か小さなボートが非常に💦気になりましたが



IMG_0597.jpg



入口に営業中の札を見て
やってる事を確認し一安心

ガラガラと開けると
人の気配はなく



IMG_0598.jpg



無人販売的な営業スタイルに
この国の象徴的な光景を見る😊



IMG_0600.jpg


500円玉が4つ先客がすでに4人いるようだ
ネット見ると営業は11時みたいなのだが
多分もっと早い時間から営業してるんじゃないかろうか?
推測ですが

旅館としては営業してないのだろう
でも館内はちゃんと清掃されている。



IMG_0602.jpg


少し気になったのは
剥製のフクロウが絵画を背負っていた(笑)。



IMG_0603.jpg



静まり返った館内にダムの放流の音だけが聞こえる



IMG_0604.jpg


お風呂場まで誰にも教えられなくても何故だか?
導かれるように進んでいける。



IMG_0605.jpg


途中炊事場があった
でも時が止まったようなのだが
決して汚くないさっきまで誰かが炊事していたかのようです。

ぎしぎしする廊下を進んでいくと


IMG_0606.jpg



女性の声が聞こえて来た。



IMG_0607.jpg

 

腰の曲がったおばあちゃんとおそらくその娘さんだろうか?

おばあちゃんが私に

👵『ほなやれbぢうbdyhづsh』って

🐻『....................」

娘『ここは良くくるんですかぁ?』って

🐻『初めてです。』

👵『547y48ghuhidhueghehu」

🐻『....................💦」

娘『休憩する所はないのですかねぇ』って

🐻『ないみたいですねぇ日帰り温泉だけみたいですよ?』って

👵『rieugthg8457ty458thrgi」

おばあちゃんの方言があまりにも凄くて本当にわからなくて
娘さんが通訳してくれる繰り返しが続く

以下省略🙏





IMG_0608.jpg


秘湯にありがちなこの階段(笑)
突き当たりに見えるブルーシートが逆に萌える(燃える)


IMG_0610.jpg



期待感と不安感が



IMG_0611.jpg



このなんともいえない非日常感にワクワクが



IMG_0612.jpg



止まらないんです。

そして期待を裏切らない
圧倒的な存在感の趣が親父の気持ちに火をつけるんですよねぇ




IMG_0613.jpg



この年輪を感じる趣がなんとも



IMG_0614.jpg



自然に出来るこの感じがなんとも
味が味?なのか?
なんともいえない人工的じゃないこの年季が



IMG_0615.jpg



でもでも
洗い場がないんですよぉ

脱衣場から階段を降りて
階段の一番下の部分まで湯が!




IMG_0616.jpg



そのままかけ湯もなくかけ湯のしようがない
今となって考えるといかがなもんかなぁって思いますが
そのまま湯に浸かるシステム



IMG_0617.jpg



ドバドバ惜しみもなく出る源泉
湯船の境がなく出てくる湯が何処に出ていくのかもわからないこの湯船
景色とかそんな物は関係ない
このコンクリートの歴史を感じなながら入る温泉

決して熱くもなく冷たくもないこの温泉は
実に心地よい



IMG_0621.jpg



女湯とはコンクリート一枚の壁
さっき出会った淑女達がの会話が

聞き取れない方言の会話を聴きながら(笑)

カラスの私でも結構のんびりと満喫♨️
お湯はツルツルでやわらかいお湯



IMG_0624.jpg



いい湯だなぁいい湯だなぁ〜♫
思わず行ってみヨォーーーって言ってしまった(笑)


IMG_0626.jpg



温泉満喫出来て本当に良かった⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎⤴︎






コメント

No title

こんばんわです。

いやーw
まったく同じルートを僕も辿りました。
氷見漁港の海鮮丼はちと僕にはヘビーでしたけど
湯谷温泉はそれまでの常識を覆す面白いシチュエーションで(笑)
何度も行こうとは思いませんけど、楽しめた時間でした。

Re: No title

マイヤーさんこんばんわです。

地場のグルメそして温泉や名所
なかなか遠いといけるものではありませんので
自分が満足出来るところへ伺って満喫出来た時は
『至福』です。
コメントありがとうございました。😊

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひひしし

Author:ひひしし
なによりも家族団欒が好き。
だが、ふと一人で旅に出たくなる。

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

△&%■○$#!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ村ランキング

サーチウィジェット

ライブリンク

スポンサーリンク